PrintInsight 印刷イメージログ監視システム
  • 03-5464-5468
    9:00〜18:00(土日祝を除く)
  • メールでのお問い合わせ
  • 評価版申し込み
  • 資料請求

紙からの情報漏えいの
『ケーススタディ』と『損害賠償額』

企業の情報漏えいの原因は約半分以上が印刷物から

情報漏えいインシデントが発生した経路は、紙媒体(印刷物)が最も多く全体の67.7%を占め、二位に比較して7.4倍以上も高い割合となっています。紙は業種を問わずどんな場面においてもいまだに多用され使用頻度の高い媒体と言えます。しかしながら、印刷物に特化した情報漏えい対策はほとんど取られておらず、実際にどのような印刷物が出力されているかまで把握している企業は非常に少ないと言われています。

印刷物からの情報漏えいのケーススタディと解決策

情報漏えいケース1

会社に対して投げやりな社員が、個人的な利益を得る目的で、自社の顧客名簿を印刷し、名簿業者へ転売。全部で3,000名の個人情報が流出してしまい、その企業は、弁護士費用や損害賠償費用などの謝罪対応のために7,000万円も支払った。
リアルタイムに印刷されたものの状況を把握していたら・・・・

情報漏えいケース2

転職を考えている社員が自分を売り込む目的で、競合会社に自社の製品計画や工程表など印刷して渡した。漏えいした事実がわかったのは、その社員が退職してから。もちろんその社員に対して訴えをおこしているものの、これまでの計画を修正する必要もでてきて、損害ははかり知れない。
もっとしっかりと印刷されたものの状況を把握していたら・・・・

情報漏えいケース3

普段、休日出勤など全くしない社員の休日出勤が急に増えた。印刷ログを取得しているため、たくさんの印刷をしている形跡は把握できているが、ファイル名だけでは特に問題のなさそうな資料である。しかし、なぜ休日にこんなにも印刷をする必要があるのか?
印刷物の中身まで見えたら・・・より厳密に状況を把握できるのに!!

情報漏えいケース4

行員が新規保険の提案にお客様Aのご自宅へ訪問。その際に、他のお客様の個人情報が入ったクリアファイルをうっかり置いてきてしまった。今回は親切にお客様Aが忘れていった旨を連絡くださったので、外部への流出には至らなかったが、もし忘れてきた先が親切な方の元でなかったら、、、
社内でも厳重注意の対象となった。
万一漏えいしてしまった場合に備えて、過去の印刷履歴をさかのぼって追跡できる方法があれば・・・・

情報漏えいケース5

うちの会社は全社員にノートパソコンを支給し、自宅や外出先などリモート先での仕事も推奨している。そのため外出先で必要書類を印刷しているという社員も多い。先日ある社員が、お客様へ持参する予定の提案書を自宅で印刷して、出先で置いてきてしまうという事案が発生した。幸い、損害賠償の対象になるレベルの情報はなかったので、大きな問題にはならなかったが、もしこれが機密情報などの重要情報であったらと思うと早急に対策を考えなければと思っている。
リモートワークは避けれない現状、外出先の印刷履歴まで把握できたら・・・・

情報漏えいケース6

弊社は東京本社のほかに全国に120店舗をもっている。特に情報漏えいで心配なのが、店舗の印刷物。会社が設置したパソコンから重要情報にアクセスできるのは、基本店長だけということを原則としているが、各店舗の運営はほぼ店長の裁量に任せているので、正確なところは把握できていない。そのため、アルバイト社員などが、重要情報にアクセスして印刷するという事態が、起こる可能性も大である。
本社のみならず店舗や支店の印刷状況も一緒に管理したい・・・

PrintInsightは、これらすべての問題を解決します!

PrintInsightは、

  • 印刷ログのほかに、印刷イメージまで確実に取得!
  • 取得した情報は、アラートメール機能文書検索機能(テキスト全文検索)で、
    しっかり監視・追跡することが可能
  • 外出先の印刷状況も把握
  • マルチベンダー対応で、どの部署の印刷情報も一括管理
詳しくはこちら
検討したいので詳細資料が欲しい
資料請求
まずは試して検討したい
評価版申し込み
購入に関して相談をしたい
販売パートナー
その他 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム
PAGE
TOP