PrintInsight 印刷イメージログ監視システム
  • 03-5464-5468
    9:00〜18:00(土日祝を除く)
  • メールでのお問い合わせ
  • 評価版申し込み
  • 資料請求

製品比較

PrintInsightの優位性について

印刷ログを取得する印刷セキュリティ製品の中での、PrintInsightの優位性をご紹介します。

印刷イメージ取得

PrintInsightなら、再現性の高いPDF形式でイメージを取得。

印刷物からの情報漏えいを防ぐためには、印刷されたものの情報を正確に把握する必要があります。そして、そのためには、印刷ログ情報だけでなく、印刷されたものの中身までしっかり取得する必要があるのです(なぜなら、ファイル名だけ取得しても、中身を確認しなければそれが機密性の高い印刷物であるかどうかを判断するのは難しいため)。
類似製品Aのように、EMF形式でイメージ取得するものもありますが、一般的にEMF形式は再現性が低いものが多く、せっかく取得をしても、中身の正確な確認ができないと言われています。そのため、再印刷することも可能なくらい再現性の高いPDF形式でイメージ取得できる製品をオススメします。

ログ取得の範囲

PrintInsightなら、マルチベンダー対応。

複数のメーカーのプリンターを併用し、印刷配備をしている企業も多いなか、メーカーや機種の影響で、印刷情報を取得できないプリンターが存在すると、そこが結局抜け穴になってしまします。PrintInsightはプリンターのメーカーや機種を問わずに、印刷情報を取得する取りこぼしのないマルチベンダー対応です。

導入のしやすさ

PrintInsightなら、専用のソフトウェアをインストールするだけ!
専用のドライバーやサーバーなどを導入する必要もありません。

類似製品Bのように、印刷イメージを取得するのに、専用ドライバーを導入しなければならないという製品も存在します。
その結果、初期コストが大幅に発生し、導入の手間自体もかかることになります。

印刷情報の検索/追跡機能

PrintInsightなら、”アラートメール機能“と”テキスト全文検索”で
印刷情報を瞬時に把握。

せっかく取得した印刷情報も、有効に監視できなければ意味がありません。PrintInsightなら、膨大な取得した印刷情報の中から、” テキスト全文検索”で特定の条件に絞って、該当の印刷文書を瞬時に特定することも可能です。さらに、印刷されたことをリアルタイムで把握しておきたい印刷物に関しては、アラートメール機能を利用して条件設定しておくことで、指定のアドレスに印刷された旨のメールが送信されます。そのため、怪しい動きをリアルタイムで把握でき、未然に情報漏えいを抑止することができます。

コストについて

PrintInsightなら、単機能であるため非常に安価!

類似製品Bに関しては、専用ドライバーの導入が必須のため、非常に膨大な初期費用が発生します。また類似製品Aに関しては、印刷コスト削減機能など、複合機能が付加されているため、PrintInsightよりも少し高価となり、導入個数が増えるほど、コスト負担が大きくなっていきます。

PrintInsightは

再現性の高いPDF形式で印刷イメージを取得し、監視機能も充実!
マルチベンダー対応で、導入も簡単・安価!

印刷実体の把握に特化した、唯一のソリューションです。
検討したいので詳細資料が欲しい
資料請求
まずは試して検討したい
評価版申し込み
購入に関して相談をしたい
販売パートナー
その他 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム
PAGE
TOP