PrintInsight 印刷イメージログ監視システム
  • 03-6427-3788
    9:00〜18:00(土日祝を除く)
  • メールでのお問い合わせ
  • 評価版申し込み

「PrintInsight」とは

PrintInsightは、印刷物の中身を文字やレイアウトも含め、そのままイメージで保存することでユーザーの印刷行動を把握・管理し、印刷文書からの情報漏えいを効果的に抑止することのできる、Windows対応の“印刷イメージログ取得製品”です。従来の印刷ログに加え、印刷したイメージをPDF/XPSで記録・保存し、さらに印刷文書に含まれるテキスト情報まで取得します。収集した「印刷イメージログ」を分析することで、ユーザーの印刷傾向を把握し、情報流出を未然に防ぐことができます。また万一、情報漏えいが発生した場合は、流出元をすばやく特定することができます。

すべての印刷情報を中身まで確実に取得

PrintInsightは、印刷物の中身を文字やレイアウトも含め、そのままのイメージをPDF/XPS形式で保存することができます。印刷イメージを取得することで、ユーザーの印刷傾向を把握して情報流出を未然に防ぐ効果があります。

すべての印刷情報を中身まで確実に取得

PDF/XPSで印刷イメージを取得するので再現性が高い

印刷イメージを取得するとなぜ情報漏えいに効果的なのでしょうか?

従来、社内で印刷された物の内容を把握するには、印刷ログ情報(印刷日時、印刷時刻、ユーザー名、印刷ファイル名など)を確認するしかありませんでした。しかし、これらの情報だけでは、それが機密情報であるかどうかを判断するのが難しい場合が多く、重大な情報漏えいを見逃してしまっている可能性もありました。しかし、PrintInsightなら、印刷ログ情報のみならず、印刷イメージ(中身)も一緒に取得するので、その情報が機密情報であるかどうかを、中身を見て判断することができるのです。また中身が見えることにより、例えば、悪意のある人が機密情報を持ち出す際に、問題のないファイル名などに変えて印刷をしていたとしても、簡単に不正を把握することができるようになるのです。

  • 印刷物の内容そのものを、中身を見て確認できるので、不正を判断しやすい!

なぜPDF/XPS形式で保存することがベストなのか?

すでに、EMF形式で印刷イメージを取得する製品もありますが、これらの形式では、印刷イメージを取得する際に文字化けやレイアウト崩れを発生させることが条件によってあると言われています。せっかく印刷イメージ取得をしたにも関わらず、中身が荒れていてよく確認できず、ほんとうに機密情報であるかどうかを判別することが難しくては、イメージ取得をする意味がありません。しかし、PrintInsightのPDF形式での保存なら、イメージの再現性が高いうえに(PDF本来の機能に合わせて)保存品質やセキュリティレベルなどの条件設定が可能になるので、社内の事情に合わせた最適な形式での印刷イメージを保存することができます。

  • 文字化けやレイアウト崩れなどが発生しないので再現性が高い
  • 保存時に、ファイルサイズの変更(圧縮など)やセキュリティオプションの設定が可能

外出先での印刷にも対応

保存先のサーバーと接続が切れている場合は、クライアントPC内に印刷イメージログを一時的に保管します。
サーバーとの接続が回復すると、クライアントPC内に一時保管した印刷イメージログを順次サーバーへ送信します。

マルチベンダー対応 既存の印刷環境にそのまま導入可能

マルチベンダー対応
印刷を行うアプリケーションの種類、出力を行うプリンターのメーカーや機種は問いません。

既存の環境にそのまま導入
また、導入に関してもソフトウェアの配信のみで作業が完了するので、システムの導入に伴って発生しがちなネットワーク環境の変更や実務オペレーションの変更など、面倒な作業が発生しません。

詳しくは動作環境をご覧ください

運用イメージ図

まずは試して検討したい
評価版申し込み
その他 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム
PAGE
TOP